NOBUKICHI

滋賀県の市街中心部から少し離れた閑静な場所にあるカジュアルなフレンチレストランのデザインです。フレンチ料理は特等席に座りワインと共にコース料理などを、会話を楽しみながらゆっくり時間を過ごすもの。我々は、”歩いている時間”と”座っている時間”にコントラストをつける試みをしました。店内の壁面には、歩行の際の目線である高さに一つの境界線を設け、モルタルからプライウッドへ、ペンダントライトの高さ位置までをもコントロールします。入り口をくぐり、テーブルにエスコートされた訪問者は、座った瞬間高さ100センチの風景に気づきます。更にグループ客にも対応できる奥のスペースは、メーンフロアと同じ要素を反転する事で、店内の連続性を意識させると同時に、訪問者の高鳴る気持ちを増幅させる装置として機能しています。カジュアルさを伴った、その地域に愛されるレストランを目指しました。

This design is for a casual French restaurant located in a quiet neighborhood at some distance from downtown Shiga.The pleasure of French dinner I think is to take your sweet time with conversation and wine at a special seat.Our new approach to this design is to show the contrast of sense between when you are walking and when you are seated.We created a border line at the eye level on the every wall in this restaurant.It doesn’t only run between the mortal finish and the plywood, but also controls the level of each pendant light.All the guests escorted from the entrance and seated must be surprised at the view of 100 centimeters high.The materials on each side of the border line are replaced each other on the walls of the room for a large group at the back of the restaurant.This visual shift works well to make guests aware of the continuity of design, and to inflate their expectations.This restaurant which moderately keeps casualness would be loved by the local population.

Project Name
Yasai to Gohan Nobukichi
Use
Restaurant / 飲食
Location
469-4-1F, Noji-cho, Kusatsu-city, Shiga, Japan / 滋賀県草津市野路町469-4-1F
area
54.7 square meters
Date
24, Feb, 2013
Client
Nobutaka Yamamoto / 山本信高
Constructor
Torenta Co.,Ltd. / 株式会社トレンタ
Lighting
ModuleX Inc. / 株式会社モデュレックス
Photographer
Yoshiro Masuda / 増田好郎