Nietzsche osaka

大阪の堀江にある個性あるブランドを扱うセレクトショップです。当初現場は細長い区画で、壁に白い塗装だけが施されただけの空間でした。まず目に入ったのが天井の構造トラス。シンプルな空間にいくつかトラスが点在している光景はあまりにも存在が大きく、すでに空間のデザインとして成り立っているように感じました。なにかこの延長上にあるものをつくりたいと考え、「ストラクチャー+ストラクチャー」というコンセプトを構築。導線を操作するパーティションを、連続した三角形で構成されたトラス形状にトレースし、トラスと同位置に点在させています。つまり建築構造に対してのインテリアの構造をつくることで、単なる構造でしかなかったディテールが、人の動きをコントロールする状況に変化しました。建築構造の機能の部分をうまくデザインに変換し、不特定多数の人が出入りする動的な店舗になることを目指しました。

This boutique carries various unique brands in Horie, Osaka.At the first visit to this long narrow site, the trussed ceiling structures caught my eyes in the space which had only white painted walls.The trussed structures showed a presence in the blank environment, and I felt the sigh dotted with them was already made up as a good design.I planned my design should be an extension of this existing sigh, and worked on it based on the concept of “structures + structures”.I partitioned the boutique with trussed design panels at the same places as where the trussed ceiling structures are on just to link to them. After I made interior constructions linked to the building ones, just the shape of the structures became to handle the general public flow line.I tried transforming the functional part of the building constructions to the design element, and gave dynamic image to the boutique.

Project Name
Nietzsche osaka
Use
clothing store / アパレル・物販
Location
1-9-12-1F, Minami-Horie, Nishi-ku, Osaka-city, Osaka, Japan 550-0015
Area
64.41 square meters
Date
Aug. 17, 2013
Client
Kenji Nakaii / 中井健二
Constructor
Takakura Construction Inc. / 株式会社嵩倉建設
Lighting
ModuleX Inc. / 株式会社モデュレックス
Photographer
Yoshiro Masuda / 増田好郎